喘息

喘息

院長写真
患者数は増加傾向にあります。
成人喘息の有症率は4%ぐらいです。
罹患者数は400~500万人と考えられます。
死亡数は吸入ステロイドの出現により減少傾向にあります。
症状
成人の気管支喘息は次のようにして起こります。まず気管支を取り囲む筋肉が、けいれんを起こしながら収縮します。そして気管支の粘膜が炎症を起こしてむくみ、そこへ痰などの分泌物が詰まるために、呼吸困難が起こるのです。

上記の変化が続くことにより、喘息の患者様の気道は小さな刺激にも激しく反応してしまいます。

これが気道過敏性の亢進です。
症状が出るのは夜半から明け方にかけてがほとんどで、日中はほとんど出ないというのも、ひとつの特徴です。

発作時には呼吸が苦しくて横になっていられない(起坐呼吸)状態になります。
症状は、一般に呼吸苦を伴うことが多いのですが、それがない場合もあります。
激しい咳、強い胸痛、気道の痛み、1日に100ml以上の痰など様々です。
重症になると病状が急激に変化し、チアノーゼや意識障害をきたし喘息死に至る場合もあります。
診断
・発作性の呼吸困難や咳(主に夜中や朝方に起こりやすい)などを繰り返す。
・可逆性の気流制限:自然に、あるいは治療により寛解する。
気流制限の有無の評価にはスパイロメトリーが必要である。
・気道過敏性の亢進:煙、香料、冷気などで咳や喘鳴が誘発されることで推測できる。
・アトピー素因:環境アレルゲンに対するIgE抗体の存在を認める。
・気道炎症の存在:喀痰・末梢血中の好酸球数の増加を認める。
JGL2006の「成人喘息での診断の目安」による。

(「喘息予防・管理ガイドライン2009年度版」より参照)
治療
治療の目標は、健常人と変わらない日常生活が送れることである。
1)長期管理(慢性期)
吸入ステロイド薬が第一である。
併用薬には、テオフィリン徐放製剤、ロイコトリエン受容体拮抗薬、長時間作用性β2刺激薬が推奨されている。
発作時にはステロイド錠を頓用で内服する。
2)急性期
ステロイド薬とテオフィリン薬の点滴投与、β2刺激薬吸入、アドレナリン皮下注射、酸素投与などを状態に応じて施行する。

(慢性呼吸器疾患予防コントロールWHO協力センターHPより一部引用)
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!