2015年12月16日 水曜日

新宿にある心療内科に通う場合の頻度について

新宿にある心療内科に通う場合、気になるのは通院の頻度なのでは無いでしょうか。実際に、通院となれば仕事の都合も合わせなければならない場合が多くなります。治療を行いたいけれど、実際に治療に入った場合に通いきれるのかどうなのかが初診を受ける前に気になるのは当然です。

実際に、新宿の心療内科に限らずお薬を貰う場合は経過観察という物が必要になって来るのです。お薬を投与して、どの程度の効果が出ているのかを確認するという意味合いがあります。その関係から、通い始めは1週間から2週間に1度程度通う事になります。一般的に、お薬は1週間ないし2週間程度の処方しか出来ません。理由が有る場合や、長期服用の必要が出てくる場合は最長1ヶ月まで処方されるという制度も存在します。しかし、通院直後でお薬が体質に合っているかどうかの確認が必要な状態なのです。通院は1週間に1度程度通うという前提でされるのが望ましいといえるでしょう。

心療内科に通う場合、通院時に次回の予約を取る事になります。その際に、次回の予約時間を遅めにしておくことで定時で仕事を終わらせて貰い通院する事も可能な時間になっています。場所も新宿にあるということで、アクセスも良好ですから19時までの診療時間に入る事が出来れば受診も可能になってくるのでは無いでしょうか。現実問題として、夕刻以降の予約は比較的混雑が予想されます。その場合は、お薬などの状況を見ながら受診日の相談をする事も可能ですので安心して通う事が出来ます。

また、近年では仕事が忙しい方が増えています。そのことから、通院頻度をできるだけ下げたいという希望も多く聞かれる様になりました。このような場合、医師に相談する事で解決する事もあります。まずは、相談してみる事が大事です。ただし、ここで頭に入れて置いていただきたいのは、お薬を処方されて日数が浅い場合は経過観察が必要になります。お薬が症状に合っているのかどうなのかと言う事です。また、お薬が変更になったり、増量・減量になっている状態での通院はスパンを伸ばす事は出来ない事があります。まずは、患者さんの状態を安全に保つ事、そして安定した状態を保つ事を心療内科では大事にします。そんなことから、医師と相談の上で通院のスパンを決めて行くのが最善になってきます。仕事が忙しいから来られないのではなく、どうしたら最も良い状態で治療を進める事が出来るのかが通院の頻度を決める基準になっているのです。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!