心的外傷後ストレス障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)

PTSDとは災害(地震、火災)や事故(交通事故)、犯罪、戦争などの強烈な非日常体験、DV(ドメスティックバイオレンス)や虐待など人間関係内における傷害体験など、想像を超えた耐えがたい体験により、精神障害を引き起こすことです。

最近では東日本大震災があります。
幼児などの脳の成長過程でそのような体験をすると脳の発育に障害を引き起こすことが分かっています。
病状が1ヶ月以上続いている方はPTSDと診断し、1ヶ月未満の方にはASDと診断します。
また、3ヶ月未満の方は急性PTSD、3ヶ月以上の方は、慢性PTSDと診断します。

症状として、以下の3つが挙げられます。

■フラッシュバック
事故などの体験(原因となった体験)をいきなり思い出し、再体験することです。

■回避行動
原因となった体験(人物)に関する事を回避することです。

■覚醒亢進
小さな刺激にも過剰に反応します。
イライラや不安など感情の起伏が激しく、不眠になります。
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!