睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される病気です。

■定義
一晩に(7時間)睡眠中に10秒以上、呼吸停止している、あるいは正常の半分以下の呼吸しかない低呼吸の状態を、睡眠時無呼吸といいます。この無呼吸・低呼吸の回数が、1時間あたり平均5回以上あるとき、「睡眠時無呼吸症候群」と呼びます。
もともと上気道が狭いところに、睡眠中は舌や咽頭の筋肉がゆるむため、上気道がふさがるのです。
厚生省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)と報告しています。

■症状
いびき、日中の眠気、集中力、活力に欠ける、居眠りがちになる、居眠り運転で事故や重大事故などを起こしやすくなります。
治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。
だだし、ご本人は分からないでご家族の方に指摘されることが多いです。

診断
器械を1晩装着し、無呼吸の状態を分析し診断します。
程度として、5回から14回までを軽症、15回から29回までが中等症、30回以上を重症とします。
治療
鼻マスク(CPAP:持続陽圧呼吸療法)
適応 : 中等度から重度の睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群に用いる装置であり、マスクを鼻に装着し、コンプレッサーにより加圧された空気を鼻から気道に送り込みます。効果が高く睡眠時無呼吸症候群の治療として用いられています。
気道内を陽圧にさせ、空気を人工的に送り込むことが可能です。舌の落ち込みによる閉塞も防止することが出来ます。症状は翌日より大幅に改善されるため、熟睡出来るようになります。
合併症
不整脈、高血圧、心不全、糖尿病が現れ事故や突然死などで生存率が低くなるなど無呼吸症候群には様々な問題がでてきます。
予後
心疾患イベントを減らすことにより、死亡率を低下させることが最近の研究で報告されています。
■致命的心疾患のイベント(A)、非致命的心疾患イベント(B)の累積パーセンテージ
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!