2015年12月16日 水曜日

新宿と呼吸器科とアレルギーについて

ぜんそくは気管支の、慢性的なアレルギー性炎症での疾患です。そんなつらい症状は、新宿の呼吸器科での相談が問題解決の糸口になります。エリア的にも出かけやすい新宿ですから、不調を感じたら早めに呼吸器科を受診してみることです。自己判断や安易的な考えは、症状を悪化させることもありますから、新宿の呼吸器科への受診で不安の要素も取り払いましょう。書状には適切な治療方法がありますから、お医者さんの治療方法に従うことです。

発作性の疾患としてぜんそくは考えられていました。しかし近年になって、実は慢性的な炎症疾患であるということがわかったのです。ぜんそくは症状が起きている時には苦しいものですが、その峠を越えてしまえば、日常生活には特に支障がありません。発作が治まると、それは喘息も完治したと思い込んで、そのまま治療自体をやめてしまう人は少なくないです。完全に治療をやめなくても、服用する医薬品を勝手に少なくする人も出てきます。

はじめは症状も軽度であったとしても、結局は治療を怠ってしまうことのツケは返ってきます。症状は良くなるどころか悪化していき、何十年単位で肺の昨日は低下していき、そのうちの重症化することも考えられます。ぜんそくが難治性出会った場合には悪化してしまうことで、生涯というレベルで生活の質自体損なわれることがあります。一般的な社会生活もままならないばかりか、最悪のケースでは発作を起こして、そのまま死に至ることさえあります。

自然にぜんそくの症状が感知していくケースとしては、成人では1割以下と非常に稀です。ですから、治療としても根気よく継続をする必要性があります。ぜんそくは気管支自体が狭くなってしまうために、呼吸をしにくい状態になります。ぜんそくを悪化させる要因には、タバコの煙や花粉、ダニやホコリもあります。病院での治療では、吸入ステロイド薬などを用いての方法がメインです。加えて、生活習慣を見直すなども、同時にしていくことです。

直接気管支へ到達して炎症を抑える吸入ステロイド薬は、少ない量の薬剤を用いての治療でありながら、効果は高いものです。内服タイプのステロイドではないため、治療に用いても全身へ影響するような副作用は心配をする必要がありません。ぜんそくの発作予防と改善に有効性のある医薬品であるため、治療のために継続して利用をすることです。実際に効果を実感するまでには、3日から4日程の日数がかかります。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!