2015年12月16日 水曜日

新宿のクリニックの禁煙外来でできる保険治療

新宿にあるクリニックには内科、呼吸器科、心療内科などを備えている場所があります。その呼吸器科で重点を置いているのがCOPDと呼ばれる慢性閉塞性肺疾患や喘息、肺癌などの治療です。それに加えて重要視されているのが禁煙外来であり、喫煙による健康被害についての情報提供を行いながら、新宿近辺に住んでいる人たちが禁煙に対して取り組んでいくことを促すようはたらきかけています。

この新宿にあるクリニックの禁煙外来では保険治療が実施されています。その基本的な治療の流れは喫煙状況の確認から始まり、ニコチン依存症のテストが行われます。TDSと呼ばれるニコチン依存症のテストで5点以上となることが保険適用とされるために必須となる点であり、それによってニコチン依存症という診断が下されなければ保険適用で禁煙治療を行っていくことができません。そのためにも重要となるテストがTDSです。

TDSの他にも条件が定められており、患者が直ちに禁煙したいと考えているということ、ブリックマン指数が200以上であること、治療を受けることを文書で同意することも必要とされています。こういった要件を満たすことができれば、ニコチンパッチあるいはチャンピックスを使用する禁煙治療を行っていくことが可能になります。現在ではチャンピックスを用いる方法が選ばれることが多く、禁煙外来を訪れるほとんどの人がチャンピックスを選択しているのが実情です。

チャンピックスを用いる治療は12週間かかるというのが治療期間として一般的であり、その費用負担は19000円となっています。その服用の仕方にも特徴があり、最初は喫煙を行いながらチャンピックスを服用するという特殊な方法がとられます。チャンピックスを服用することでタバコから得られる快感が抑制されてしまうことから、タバコが美味しいと感じにくくなるというのがメリットであり、それによって自然にタバコを吸いたくなくなる効果が期待できます。

一方、ニコチンパッチを用いる方法では8週間の治療期間でかかる費用は13000円となっています。ニコチンパッチは外用薬である点がチャンピックスとは異なりますが、古くから行われている禁煙治療として信頼できるものです。しかし、より新しく効果の高さが期待されているチャンピックスによる内服の治療法と比べて選択する人が少ない傾向にあります。しかし、いずれも禁煙治療の方法としては期待できるものとなっています。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!