2015年12月16日 水曜日

受動喫煙による影響について

受動喫煙とは、喫煙者が吸っているタバコの煙(主流煙)に対して、タバコの先端から出ている煙を吸ってしまうことです。また、それ以外にも、喫煙者の吸って吐き出した煙を吸ってしまうことも受動喫煙となってしまいます。別名で間接喫煙や二次喫煙などと呼んだりします。タバコには、たくさんの人体に悪影響を及ぼしてしまう粒子状の物質が数多く存在します。タバコの煙は喫煙者からすれば慣れているため、目や鼻などに入ってもなんともないが非喫煙者が煙を吸い込んでしまったり目に入れてしまうとアレルギーなどを起こす場合もあります。タバコには、まだ解明されていない化学物質などがたくさん存在していて人体にどのような影響を及ぼすかわからなかったり、副作用などがあったりするため海外では販売を禁止している国もあります。その他の理由としてタバコのパッケージに注意書きとして書いてあるようにガンの発生を促進させたりするために発売が禁止されています。タバコは法律上では、二十歳にならなければ喫煙することは出来ません。理由は未成年などがタバコを吸ってしまうと健康に悪く幼いうちから病気になってしまう可能性があるからです。また、妊婦さんの喫煙も行わないように注意が喚起されています。理由は同様にお腹の中の胎児が化学物質の被害を受けてしまい健康な子供が生まれなくなってしまうからです。受動喫煙では、厚生労働省からも提起されているように、通常の喫煙している人の吸っている主流煙よりも受動喫煙によって吸ってしまう副流煙のほうがタールやニコチンなどの人体に
害を及ぼす化学物質が多く含まれています。そのため、タバコを吸わない子どもなどでも喫煙をしている親の近くにいてしまうと受動喫煙によって、ガンの発生率などが高くなってしまいます。そのため、子供に成長障害が起きてしまう場合があります。タバコは有害物質により依存性が高まってしまうことがわかっています。間接喫煙では子供だけでなく、周りにいる非喫煙者にも害が及んでしまいます。一番、間接喫煙によって被害を受けてしまう可能性が高いのは、仕事の職場です。これによって、毎年ガンが発病してしまい死亡している人たちが数万人います。最近では、分煙化によってタバコを吸う人と吸わない人で席を分けたりするようになりましたが、昔ではそのような受動喫煙による対策がされていなかったためガンになって死んでしまう若者が多かったのです。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!