2015年12月16日 水曜日

新宿心療内科に於ける投薬両方

ストレス社会と言われる現代に於いて精神的なことが要因で様々な精神疾患を引き起こすことは
最早珍しいことでは無くなってきています。
精神疾患と言えば主に精神科に於ける診察、治療が主であると考えられがちですが、近年では
うつ病や睡眠障害を引き起こす不安神経症や適応障害等の精神疾患も診察するようになりました。
新宿区に於いても精神科や心療内科、神経科を専門としてる医院は豊富にあり、また新宿区だけに
限らず現在では日本各地に多くの精神疾患を専門とする医院が多くあります。
精神疾患に於ける治療方法はその症状によって様々な方法がありますが、多くは行動療法などの
治療法と共に投薬療法を用いられます。
投薬治療は段階としてまずは少量から薬を処方され、その効果や副作用等患者さんの体質に
合っているかどうか、そして副作用等問題が無ければ徐々に増やしていったりその量を維持し
ながら処方しつづけ、効果が見られるかを観察してゆくといった方法や、もし効果が見られなかったり
体質に合わなかったりすれば、他の薬に変更し様子を見ながら治療を続けて行き、他の治療法と
並行して服用し続けるといった方法が一般的と言えます。
また、症状が改善されてきた場合には医師と相談した上で徐々に減薬して行き、段階を経て
断薬、その後は行動療法等の治療法のみでの治療となるケースも少なくありません。
一般的に町にある精神科・心療内科クリニックでは曜日毎や時間帯によって担当医師が
頻繁に異なる事が多く、患者さんに合った医師を通いながら見つけることが出来るのも
一つの良いところであると言えます。
また心療内科や精神科はクリニック以外にも入院が可能な規模の大きい医院も存在します。
一般的にはこちらの方が浸透しているかもしれませんが、クリニックであっても入院が必要
であれば入院可能な医院への紹介があったり、入院可能な医院であっても必要がなければ
通院治療を主とした方針を取るので、どういった医院であれ基本的な形態は変わらないと言えます。
投薬治療はその性質から慎重に経過を観察して行かねばならないものであり、種類や分量によって
は現在の症状を悪化させるものや、食欲不振、眩暈や動機など他の健康状態を損ねる場合があり、
精神的な症状に於いても悪化させかねない事もあります。従って自己判断で服用している薬を多く
飲んだり、勝手に他の薬と併用したりすることは避けなければなりません。
新宿区内に於きましては区内各所に心療内科や精神科・神経内科を専門とした医院がありますので
一度調べて見ることが第一歩と言えるでしょう。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!