2015年12月16日 水曜日

新宿にはうつ病治療の得意な精神科があります

現代日本において、うつ病は決して珍しい存在ではありません。
ストレスのたまりやすい今の日本社会では、ごく一般的な疾病となってきて、世の中でも認知されてきています。
新宿のように大人数がいるエリアでは、おそらく、うつに悩んでいる人も少なくないでしょう。
多くの人がうつ病の存在を知ることで、また、誰が罹患しても不思議ではないという事実を知ることによって、精神科や心療内科を訪れることに抵抗がなくなったきた、という事実はあります。
新宿にも、うつ病のクリニックがあります。
そのおかげで、早期発見や早期治療が可能となってきたのは喜ばしいことです。

ただ、病気に対する理解や知識が広まるにつれて、病名が正確性を欠いた、曖昧な使われ方をするようになってきました。
昨今では、ほんのわずかの気分的な失調でも、簡単に、うつと表現している場面によく出くわします。
本来の意味のうつ病とは、気分の障害を基本症状とする精神障害のことを意味します。
反復性があるのが一般的であり、また、病的な状態から回復することが不可能ではないとされています。
この疾病の原因はまだ特定されていませんが、ただ、脳の機能が少なからず関係していることは間違いないと見られています。
もちろん、その人の環境的な要因も症状に大きく影響していると考えられています。

主だった症状には、精神面にあらわれるものと、身体面での症状と、その二つがあります。
精神面で出てくる症状としては、抑うつ的な思いにとらわれたりいろんなものへの興味や関心がなくなったり、ものの考えがまとまらなかったりするものです。
身体症状としては、睡眠障害や食欲不振などが顕著なものです。
このような症状が複雑に絡み合って出てきますので、いわば、抑うつ症候群と呼ぶべき側面があるのです。

うつ病の治療としては、現在は投薬によるものがメインです。
多種の抗うつ剤が開発され、医師が診察した結果、適切な薬を処方することで、抑うつ症状を改善している例は多いです。
患者が結果を急ぐことなく、自分から積極的に症状改善に取り組むことで、より一層の効果が見られると、言われています。
これは、新宿の精神科でも同じ事例が確認されています。

うつ病は、一般的には、3~6カ月で快方に向かいます。
もちろん、個人差があり、中には2年近くかかる患者もいます。
ただし、油断していると、再発する可能性が非常に高いのも、この疾病の大きな特徴です。
医師が患者の症状を見ながら、服薬量の増減をしたり、あるいは、他の薬を併用するなどして、医師が最終的に終了を判断します。
医師から、治療が完了したことを告げられるまでは、患者が勝手に薬を飲むのをやめてはいけません。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!