2015年12月16日 水曜日

新宿でのうつ病のカウンセリング、治療について

新宿には心療内科や精神科がたくさんあります。うつ病などの精神疾患を感じた場合、きちんとした治療を受ける必要があります。その場合心療内科や精神科でのカウンセリングをまず行います。以前までは心療内科では主に心身症の診察のみを行っていましたが、現在はうつ病などの患者数が増えてきているので心療内科でもこれらの診察を行うようになりました。
うつ病以外にも心療内科や精神科で診察してもらえる症状はいくつかあり、睡眠障害や摂食障害、パニック障害や社交不安障害、自律神経障害などがあります。精神的な病は自分自身ではなかなか把握できないことが多いのできちんと医師に診断してもらうことが大切になります。
うつ病の症状は軽度のものから重度のものまでありますが、日本の人口の3%前後の人が抱えている病だといわれています。また、軽度の症状を抱えている人がもっとも多く、なんとなく体調が悪かったり気分が優れないという症状を感じていてもなかなか心療内科を受診するまでに至らないという場合が多いです。
症状にはうつ気分、思考障害、身体障害などがあり、気分が優れなかったりなかなか行動できない、決断力が低下する、体の様々な部分が痛むなどの症状があります。また、食欲が低下したり逆に過食気味になったりする場合もあり、細かな症状でもきちんと医師に診断してもらうことが大切になります。
睡眠障害は、不眠などの症状が出る場合があります。また、生活習慣が原因となっていることもあるので根本的な生活習慣の見直しが必要になることがあります。摂食障害は、食行動によって起こる異常で、痩せたいという願望が強い女性によく見られます。拒食症や過食症になる場合があり、拒食から過食に移ったり、その逆になることがあります。パニック障害や社交不安障害、自律神経障害も、対人関係による過敏な症状であったり、不安が強くなりすぎたり、些細なことに悩みすぎることなどが原因で起こる病気で、神経質な性格の人に多く見られます。
このように、新宿では心療内科や精神科がいくつもあり、うつ病などの治療を行ってくれます。診察の内容としては主にカウンセリングとなりますが、どのような場合であっても基本的には30分以上時間をかけて症状に関することや職場などでの不安などをきちんと聞いてくれます。
うつ病以外の症状には摂食障害や睡眠障害、パニック障害や社交不安障害、自律神経障害などがあり、症状によって治療方法も異なるので、気分が優れなかったり体調に不安を感じたら新宿には心療内科や精神科がいくつもあるので受診するようにしましょう。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!