2015年12月16日 水曜日

新宿のパニック障害及びストレス精神疾患治療医院

近年、社会人に於けるストレスや人間関係による精神疾患が問題視されています。
都会の中心部の一つである新宿区では精神疾患や神経疾患などを専門に行う精神科が
豊富にありますのでお悩みの方は一度調べて見るとよいでしょう。
年々増加傾向にある精神疾患ですが、その中にパニック障害というものがあります。
誰しも一度は耳にしたことがあるのではないかと言うぐらい最近ではよく耳にします。またそれは
それだけ患者数が増えているということでもあると言えるでしょう。
パニック障害の定義としては主に動悸が速まったり息が荒くなったり詰まるような感じになり
呼吸がまともに出来なくなったり、身震いや手足の震え、胸の痛みや不快感、腹部の違和感や眩暈、
不安定な感じやふらつき、更には吐き気など人によって症状は様々ですが、そのどれもが突然やってくる
上に原因が分からない事で更に恐怖を感じるというものです。
それによって一度パニック障害が起きるとその起きた場所に行くとまたあの症状が出るのではないかと忌避
しその場所に行けなかったりどこか出かけるにもまた症状が出るのではないかという強迫性障害という別の
精神疾患を併発するというケースも少なくありません。
また症状が出たときにすぐにその場から脱出できない場所を忌避したり、すぐに助けてもらえないような場所を忌避
したりするといった広場恐怖という症状が出ることもかなり多く見られます。
またこれらの症状が限定的、あるいは頻繁に出ることによって食欲不振となったり、あるいはその逆で
過食症になったりする患者さんもいれば働いている間にも不安に感じ仕事への意欲が減退していったり
そういった自己嫌悪から自傷行為に走ったりするなどそれは社会生活の域を超え日常生活にも大きく支障を来すこともあります。
しかしこういった予兆に自覚があるにも関わらず、いざ精神科へ行くとなるとどうしても躊躇してしまいその結果症状を
重くしてしまったり悪循環な行動が習慣化してしまっているというケースも多く見られます。
なのでもしこういった予兆が見られた場合にはまず思い切って精神科へ足を運んでみることが重要であるといえます。
一般的に精神科と言われるとあまり良いイメージを持たれないことが多いようですが、現在の精神科は全くそんな事は
無く、院内は清潔感に溢れ、静かでいて明るく、そして穏やかな雰囲気の医院が殆どです。
どんな病も大事なのは早期における治療が重要です。新宿区内や新宿区周辺にはこういった精神療法を専門とした医院が
豊富にありますので一度調べて見ることが第一歩と言えるでしょう。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!