2015年12月16日 水曜日

喘息の子供が新宿で治療を受ける場合

喘息で死ぬ人は吸入薬の影響もあり近年減っているようですが、患者数は増えていると聞きます。免疫力の低下、大気汚染、ストレス等、喘息の原因は様々ですが、子供の喘息は特に痛ましく思えます。その小さな身体でせき込み、喘鳴し、眠れないほど苦しむ姿は、親として何もしてあげられないジレンマに襲われますね。喘息は放っておいて治るものではないので、呼吸器専門医にかかることをお勧めします。小児科ならたいていの薬や治療ができますが、慢性化した時は、やはり呼吸器専門医がふさわしいと思えます。新宿みたいな都会に住んでいればたくさん病院はありますね。新宿で喘息と闘うのは、なかなか困難です。やはり空気が悪いですし、部屋には空気清浄機が必要ですね。秋から冬の季節は特に空気の乾燥が気になります。秋ならではの花粉アレルギーも聞きますね。特に新宿駅前などはバスも多く排気ガス汚染はとても気になりますね。マスクで予防し乗り切ることも大切です。罹患したら、発作の出ない時も侮らず予防とコントロールに努めることが重要です。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますね。油断はしてはならないのです。喘息は時に命にかかわる病です。夜半の発作に目が覚め、苦しくて救急車で搬送されるケースはよくあり、がまんして朝まで過ごそうとしてそのまま尊い命を絶ってしまうという悲しいニュースもあります。結構周りでも亡くなってしまう方の話を聞きませんか。今はよい薬が認可されています。しかし、その体質や重症度により様々ですので、自己判断でなくよいかかりつけ医を選び、処方してもらってください。病院で使っているような吸入機械を購入している家庭もありますね。特に小さな子供などは、スプレーでの吸入は難しいのでよい選択だと思います。食べ物やダニなどのアレルゲン検査をしてもらうのもいいと思います。ダニなら布団の掃除機でかなり改良されるのではないでしょうか。しかし、アレルゲンは百パーセント除去できません。自分なりに免疫力をつけ、乗り越えていける力がほしいですね。子供の場合は成長とともに自然と治る場合もあるようですが、大人になり、新たに発症することもあります。季節の変わり目、ストレス等、発作を誘発する要因は特定できないほどありますね。新宿にも専門クリニックがあります。そのクリニック独自のよい治療を受け、民間療法も組み入れて、健康な身体を維持していけたら幸せでしょう。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!