2015年12月16日 水曜日

新宿医院に於ける喘息治療及び投薬

年々増加の勢いは留まることを知らない喘息、その原因は様々であり、何が引き金となり発症するのかは
人それぞれですが、一度発症すると多くはその症状に長らく苦しめられることになります。
都心部や交通量の多い地域に住んでいる方は排気ガスや空気の汚染によって発症するケース
も多く聞かれます。
新宿区内では喘息を始めとした呼吸器科が豊富にあり、また新宿区内だけでなくとも日本各地に
多くの呼吸器科クリニックなどがあります。
喘息の治療方法は程度によって様々ですが、主に通院を通して投薬、処方薬の服用や重度の場合に
於いては入院が必要となり、より専門的な治療が必要となります。
また種類も様々であり、幼少の頃に発症し年齢が上がるに連れ軽度化してゆく事が多い小児喘息や
アトピー型喘息という細菌やウイルス、過労であったり埃やダニ、カビなどや食物、薬などによるアレルギー
反応によるものまで、またタバコやアルコール、気圧変化でも誘発されるとの声も聞かれます。
現在患者はおよそ日本国内で4~500万人程と言われていますが、これだけ患者数が多く、長く
聞かれている喘息ですが、その明確な原因というものは未だはっきりと解明はされていないのが
現状です。
また、人によって症状の程度は様々ではありますが、症状が軽いからといっても決して甘く見たり
看過出来るようなものでもなく、何が原因で突然症状が重症化するかもわからないという可能性も
あるからです。
主に気道に炎症が起き、呼吸に障害をもたらすことで多く知られていますが、この炎症状態に於いて
ウィルスや細菌に感染したり、炎症が重症化し呼吸が困難になると場合によっては死に至るケースも
あります。
また、症状が続いている状態の時のアレルギー症状も気をつけなければなりません。
一例として呼吸器にも支障を来しかねない花粉症などのアレルギー症状であっても
併発することによって症状が重篤化することがあったり、食物におけるアレルギー症状
に於いても症状が軽くない患者さんにとっては細心の注意を払う必要があります。
呼吸器系の障害なので日常生活における空気環境も症状の良し悪しを左右することとなり、
喫煙はもちろんの事、周囲の喫煙者によるタバコの煙も可能な限り避けることが望ましいと言えます。
更に家の中に於いては常に塵や埃などに気をつけ、患者さんが掃除する際には必ずマスクを着用し、
アレルギー症状が顕著な方に至ってはゴーグルを着用する必要も出てくるでしょう。
新宿区ではこういった医院もありますので調べることから始めることも大事と言えるでしょう。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!