2015年12月16日 水曜日

新宿には花粉症の検査や治療が出来る病院がある

花粉症の季節になると体調が悪くなってつらいという人は、新宿周辺に勤めている人にも多くいることでしょう。
新宿区には花粉症をはじめとしたアレルギー性疾患の治療が出来る病院があるので、アレルギーによる鼻炎や咳に悩んでいる人は、一度受診してみてください。

花粉症はスギの花粉などがアレルゲンとなって発症するアレルギー性疾患で、日本でこの疾患に悩んでいる人は人口の約16%ほどもいると言われています。
この病気が発症する原因となるアレルゲンはスギの花粉だけではなく、ヒノキやハンノキ、ブタクサの花粉などもあるので、夏や秋の一時期に鼻炎や結膜炎などの症状がひどくなるという人は、スギ以外の花粉症を疑ってみる必要があります。

新宿の病院では、アレルギー性疾患の原因となるアレルゲン検査が出来るため、自分がどの花粉にアレルギーを持っているのかを調べることが出来ます。
アレルギー性疾患への対処方法には、アレルゲンを避けることも有効なので、何が自分のアレルゲンかを検査で知っておくことはアレルギー性疾患を起こさないためと、症状を治すために大切なこととなります。

花粉症の症状は、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがよく知られていますが、重症になってくると微熱や喉のイガイガ感、倦怠感、皮膚のかゆみなどが起こることもあるので、風邪と間違えてしまうこともあります。
新宿の病院では症状が花粉によるアレルギーなのか、ただの風邪なのかを区別するために、血液検査や皮膚テストなどを行って確定診断をすることが出来ます。

つらい症状がアレルギーによるものだとわかった場合には、点眼薬や点鼻薬、抗ヒスタミン剤や抗ロイコトリエン、ステロイドなどの内服薬、注射などを使って治すことになります。
アレルギー性疾患を治すための薬には眠くなる副作用が出やすいものと出にくいものがあるため、薬についての希望がある場合は医師に相談してみましょう。

それから、花粉症の治療には、花粉が飛散しはじめる時期の2週間くらい前から内服薬などを使っておくと、症状が出るのを遅らせたり治まるのを早めたり、症状を軽減するのに有効だとされているので、毎年特定の花粉が飛ぶ時期に体調を崩すことがわかっている人は、花粉の飛散時期についての情報をチェックしておいて、早めに病院へ行って薬をもらうのがおすすめです。

また、花粉によるアレルギーは喘息を起こす原因になることもあります。
新宿の病院ではこうした咳や喘息についての相談や治療も行っているので、花粉の時期に具合が悪くなったら利用してみてはいかがでしょうか。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!