2015年12月16日 水曜日

新宿と花粉症治療と体質改善について

新宿エリアには、さまざまな医療機関があります。そんな中で新宿には、花粉症にも適切な治療を行える病院があります。毎年症状が出る人は増加傾向になるので、新宿の病院などを利用して、早めの対処をすることです。根本的なこととして、過剰反応をしないような、基本的な体質改善を目指すことも大切です。花粉症は医薬品で一時的に抑えるのみではなく、身体の内側から変えていくという、いわゆる免疫機能を正常化していくことが最も重要とも言えます。

免疫機能を高めていくことは大切です。そして大切な免疫機能に、何らかの害を与えてしまっている、マイナス要素を取り除く日い用もあります。体内の免疫を正常に働かせることができない理由は、意外と日常生活の、習慣の中にあるのかもしれません。例えば食品にしても、偏った食品を大量摂取していると、過剰過多のために栄養バランスは乱れてしまい、体調や免疫にもマイナスの要因となりやすいものです。好物は特に、過剰摂取しやすいものです。

改善のポイントとしては、毎日の食生活を、バランスの良いものに見直していくことが最も大事です。くしゃみや鼻水など、身体から水分が出ていく症状は、身体を温めるための防御反応でもあります。根本的な食事から正していく方法として、できるだけ身体の内側を温める食材を取り入れていくことです。ポカポカと温めてくれる食材としては、唐辛子やネギ、しょうがや鶏肉、イモ類やうなぎ、りんごやミカンなどもあります。冬の時期に旬の食材が多めです。

旬の食材を食べることの大切さも、こういったことからもわかりやすいです。花粉症の改善と予防を目指すのであれば、身体を冷やしやすい食材は控えめにすることです。冷やしやすい食材は、ほうれん草やトマト、豆腐や納豆、カニやハマグリ、バナナや豚肉などです。改善方法として、経絡ツボ療法や漢方薬の処方などの方法もあります。本人の体質にマッチした漢方薬を、上手に利用するのもひとつの方法でもありますし、改善には役立ちます。

柴胡桂枝湯や桂枝茯苓丸、当帰芍薬散などは、漢方薬としても体質の改善に役立ちます。本人の体質に合うものは何かを、専門の漢方医などに直接相談をして、適切なものを処方してもらうのが一番です。専門の漢方薬局でも相談ができるので、その人には何が必要なのかを判断してもらい、漢方も取り入れながら、食事の改善をしていくというのが良い方法なのかもしれません。加えて、医療機関でも相談をして、適切な治療を行っていきましょう。

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!