アルコール性肝炎と肝硬変

アルコール性肝炎と肝硬変

明確な基準はありませんが、アルコールを大量に飲むことで、肝炎になり、その後肝硬変になる可能性があります。

国内では、一日に3合以上のアルコールを5年以上飲み続けていると、アルコール性肝障害になりやすいと言われています。
(アメリカでは、一日平均160gのアルコールを8年以上飲み続けていると  アルコール性肝障害になりやすいと言われています。)

一日80g以上アルコールを飲む方は、肝硬変の一歩前であるアルコール性肝炎になる可能性が上がります。

■日本人の場合、各種アルコールに例えると以下の通りです。
(下記量を8年間飲むと肝硬変になる可能性があります。)

ウイスキー360ml(ボトル半分)
ワイン1280ml(ボトル1.75本)
ビール3200ml(大ビン5本)

しかし、禁酒をすると、炎症が急激に治まり、アルコール性肝障害はみるみる良くなります。
アルコール性肝障害の方は、禁酒もしくは大幅に飲酒の量を減らすようにしましょう。

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!