朝日新聞連載記事

2018年12月10日 月曜日

朝日新聞に連載vol8



Q
30代男性です。社会人になってから喫煙しはじめて10年以上経ちますが、会社で喫煙所が撤去されることになり、よい機会なので禁煙しようかと思います。禁煙治療はどんな治療をしますか?保険適用の適用条件はあるのでしょうか。

A
保険適用の禁煙治療を受けることのできる方は、次の4項目全てに該当する場合です。
①ニコチン依存症に係るテストでニコチン依存症と診断された方(10点中5点以上)
②35歳以上の者については、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が、200以上である方
③ただちに禁煙することを希望している方
④禁煙治療を受けることを文書により同意された方

なお2016年4月から、34歳未満に対しては、②の喫煙本数と喫煙年数による指数の条件が撤廃されました。

現在行われている禁煙治療は、バレニクリンという飲み薬と貼り薬の2つです。それぞれ特徴があります。飲み薬は効果が強く、ニコチンを含みませんが、嘔気、不眠、頭痛などの副作用があります。貼り薬は効果が弱く、ニコチンを含み、皮膚にアレルギー症状が出やすく、重度の狭心症や不整脈、心筋梗塞後などの心疾患がある方には使用できません。禁煙外来のスケジュールは、初診時を含めて5回、3か月間のプログラムが通例です。費用は5回トータルで12000円~20000円が一般的になっています。

投稿者 Genova | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!