朝日新聞連載記事

2020年7月 9日 木曜日

朝日新聞に連載vol14



Q
子どもが小児ぜんそくです。感染症対策として特に気を付けることはありますか?また、マスクをつけてもすぐに外してしまいます。どのようにしたらよいでしょうか。

A
お答えいたします。小児喘息の増悪要因の一つとして、感冒などの感染症が挙げられます。現在、新型コロナウイルス感染症が話題になっておりますが、感染予防のために、小児においても免疫力をつけることは重要です。具体的には栄養、睡眠、精神的な安静に注意することです。感染予防として飛沫を直接浴びないという点から、マスクをすることは重要であると思いますが、小さなお子さんには難しいと思います。小さなお子さんのほとんどは、家庭内においてご家族から感染しますので、ご家族の方が感染しないこと、さらに感染した方からの距離を保つことが、お子さんの感染予防に繋がると思います。また、病原体に汚染された玩具などに触れた手で、口や鼻、目を触ることでも感染しますので、手洗いや玩具などの消毒も大事です。もし保育所、幼稚園、学校などにおいて感染者が発生した場合には、一定期間、休園や休校をして感染予防することも必要であります。さらに、インフルエンザ予防のために毎年ワクチンを必ず接種することも大切であります。当然ながらお子さんが、喘息発作を起こさないために、内服や吸入などは必ず毎日行ってください。

投稿者 Genova | 記事URL

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!