朝日新聞連載記事

2018年2月10日 土曜日

朝日新聞に連載vol4



Q
タバコを吸っている夫(50代)は毎日のように咳・痰がでています。COPDという病気があると聞き、心配です。どのような病気でしょうか。

A
COPDはあまり認知されてないですが非常に重大な病気です。
【概要】
COPDは慢性閉塞性肺疾患の略語で、従来の慢性気管支炎と肺気腫の総称です。タバコの煙などの有害物質を長期に吸入することで生じる肺の慢性炎症性疾患です。

【疫学】
日本では、約530万人の患者が存在しますが、多数が未診断の状態です。厚生労働省によると死亡順位は、2016年では第8位でした。世界の死亡原因では、2004年は4位ですが、2030年には3位になると予想されます。

【原因】
タバコの煙の吸入で気管支に炎症が生じ咳や痰が出現し、さらに、気管支の末端にある房状の袋(肺胞)が破壊され呼吸機能が低下します。【症状】慢性の咳や痰、労作時呼吸苦が特徴的な症状です。

【診断】
長期の喫煙歴があり慢性の咳や痰、労作時呼吸苦があればCOPDが疑われます。確定診断には呼吸機能検査が必要です。CTでは肺胞の破壊が検出され、早期の気腫病変が発見できます。

【治療】
禁煙が第一の治療です。増悪予防のために、肺炎球菌ワクチンなどの接種が勧められます。薬物療法の中心は気管支拡張薬です。さらに、口すぼめ呼吸や腹式呼吸などの呼吸訓練も有効です。低酸素血症に対しては在宅酸素療法などがあります。

投稿者 Genova

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!