朝日新聞連載記事

2021年9月 9日 木曜日

朝日新聞に連載vol19



Q
昨年の夏、咳がおさまらず、風邪をひいたのかと思っていました。今年、エアコンをつけ始めてからまた咳が出るようになりました。エアコンのカビによって咳喘息になるケースがあるようですが、詳しく教えて下さい。

A
お答えいたします。エアコン使用時に生じる疾患は色々ありますが、咳を引き起こす疾患としては、咳喘息、気管支喘息の増悪などがあります。エアコンの中にあるカビ、ほこり、および冷気が要因であると思われます。咳喘息は放置すると気管支喘息に移行してしまうので、適切な診断、治療が必要です。気管支喘息がある方は、エアコンを使い始めた時に咳、呼吸苦が出現することが多いので注意が必要です。さらに、夏型過敏性肺炎という病気があります。この病気はトリコスポロンというカビを繰り返し吸い込むことにより、肺にアレルギー反応を起こして発症します。夏に発症して、秋には症状がおさまり、数年にわたり繰り返します。主な症状は、咳、呼吸苦であり、悪化すると発熱することがあります。古い家屋に住んでいる方に多く発症することが多く、入院するなど環境を変えることで7日から10日ぐらいで症状が改善します。カビは高温(20~30℃)多湿(60~80%以上)、ごみやほこりなどの栄養源の存在下で増殖しますので、このような環境の改善(エアコンの掃除を含めて)が病気の予防には必要です。。

投稿者 Genova

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!