朝日新聞連載記事

2018年9月15日 土曜日

朝日新聞に連載vol7



Q
78歳の父と暮らしていますが、最近、食事中に咳き込むことが多くなり、気がかりです。誤嚥性肺炎が心配です。病院を受診するべきでしょうか。

A
超高齢社会において、誤嚥性肺炎は増加傾向にあります。2015年の厚生労働省・人口動態統計によると、肺炎による死亡者数のうち、約96%が65歳以上です。また、高齢者が罹患する肺炎のうち、7割以上が誤嚥性肺炎です。死亡率は100人/人口10万です。
発症しやすいのは、嚥下機能の低下した高齢者、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などの脳神経疾患や寝たきりの患者に多く発生します。
≪原因≫
嚥下機能障害のため唾液、食べ物、胃液などと共に口腔内の細菌を気道に吸引することで発症します。
≪症状≫
発熱、咳、痰などが典型的な症状です。しかし、これらの症状がなく、元気がない、食欲がない、意識障害などの症状のみがみられることが多いです。
≪検査≫
胸部X線写真で肺炎像を確認し、白血球増加や炎症反応が亢進しています。
≪治療≫
咳き込みが多い場合には、すぐに医療機関(呼吸器科)を受診して下さい。抗菌薬などの薬物治療が中心ですが、呼吸状態や全身状態が不良な場合は入院治療が必要です。高齢者や中枢神経障害などで寝たきりの患者に発症することが多いので、予後不良の場合も少なくありません。

投稿者 Genova | 記事URL

2018年7月21日 土曜日

朝日新聞に連載vol6



Q
4歳の娘が喘息で通院しています。子どもの喘息は成人になると治ると聞きましたが、本当でしょうか。早く治るアドバイスがあれば教えて下さい。

A
小児ぜんそくについてお話しいたします。
≪定義≫
発作性に喘息を伴う呼吸困難を繰り返す気道の慢性炎症性疾患であり、自然にまたは治療により軽快、治癒します。
≪特徴≫
小児は発育の途上にあり、2才未満に生じる事が多いです。アレルギーの家族歴、IgE高値、ダニに対する抗体が陽性の場合にはリスクが高く、早期治療が大切です。有病率は3~5%と高値です。
≪診断≫
小児の診断は、成人よりも困難ですが、アレルギー検査(皮膚テスト、血液検査、鼻汁塗沫テスト)、呼吸機能検査などを行います。
≪治療≫
定期的な吸入ステロイド薬や内服薬の治療だけではなく、①アレルギーの原因の除去②減感作療法③体質の改善、強化④病気に対する不安感の軽減が大切です。また、喘息日誌やピークフロー値の測定などで、喘息の程度を毎日把握する必要があります。
≪予後≫
従来、小児ぜんそくは治りやすく、成長すれば治ると言われていましたが、最近、治癒率は30%~40%と低下し、約40%は成人喘息に移行すると言われています。我が国の死亡率は減少傾向にありますが、まだ海外に比べて高くなっています。定期的な受診、患者や家族の意識の向上、発作止めの乱用を控えるなどが大切です。

投稿者 Genova | 記事URL

2018年7月 2日 月曜日

朝日新聞に連載vol5



Q
最近、階段を登る時の息切れがひどく、近くの医院を受診したら「肺気腫」と診断されました。完治しないと言われたのですが、本当でしょうか?良い治療法などはありますか?

A
現在、肺気腫と慢性気管支炎を合わせてCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼びます。よって、ここではCOPDについてお話し致します。COPD患者の90%は喫煙者であり、非喫煙者に比べて喫煙者ではCOPDの発症リスクが高くなります。ただし、喫煙者全員がCOPDを発症するわけではありません。特に炎症が肺胞に至ってしまう場合(肺気腫)は、肺胞が破壊されてしまうので完治することはありません。日本においては、軽症、中等度のCOPDが多く、特に軽症が多くなっています。COPDにおいては肺がん、心筋梗塞、心房細動などの不整脈が発症することが多く注意する必要があります。従って、治療は、肺癌、心筋梗塞を予防のために禁煙をし、感染予防のために肺炎球菌予防ワクチンを接種し、体力維持のために適度な運動が必要です。また、COPDの症状(呼吸苦)を緩和するためには気管支拡張の吸入が有効です。最近は抗コリン剤β2刺激剤を混合した気管支拡張剤の吸入剤が最も有効である事が示されています。また、COPDは肺がんを併発することが多く、胸部CTなどで経過を観察することも必要です。
<病気分類>GOLDや日本呼吸器学会の分類では、COPDの重症度はスパイロメトリー検査により、1秒量の正常値に対するパーセント(FEV1/predicted FEV1)で、0期(COPD予備軍)およびⅠ期~Ⅳ期5期に分類される。

投稿者 Genova | 記事URL

2018年2月10日 土曜日

朝日新聞に連載vol4



Q
タバコを吸っている夫(50代)は毎日のように咳・痰がでています。COPDという病気があると聞き、心配です。どのような病気でしょうか。

A
COPDはあまり認知されてないですが非常に重大な病気です。
【概要】
COPDは慢性閉塞性肺疾患の略語で、従来の慢性気管支炎と肺気腫の総称です。タバコの煙などの有害物質を長期に吸入することで生じる肺の慢性炎症性疾患です。

【疫学】
日本では、約530万人の患者が存在しますが、多数が未診断の状態です。厚生労働省によると死亡順位は、2016年では第8位でした。世界の死亡原因では、2004年は4位ですが、2030年には3位になると予想されます。

【原因】
タバコの煙の吸入で気管支に炎症が生じ咳や痰が出現し、さらに、気管支の末端にある房状の袋(肺胞)が破壊され呼吸機能が低下します。【症状】慢性の咳や痰、労作時呼吸苦が特徴的な症状です。

【診断】
長期の喫煙歴があり慢性の咳や痰、労作時呼吸苦があればCOPDが疑われます。確定診断には呼吸機能検査が必要です。CTでは肺胞の破壊が検出され、早期の気腫病変が発見できます。

【治療】
禁煙が第一の治療です。増悪予防のために、肺炎球菌ワクチンなどの接種が勧められます。薬物療法の中心は気管支拡張薬です。さらに、口すぼめ呼吸や腹式呼吸などの呼吸訓練も有効です。低酸素血症に対しては在宅酸素療法などがあります。

投稿者 Genova | 記事URL

2017年12月14日 木曜日

朝日新聞に連載vol3



Q
長引く咳について教えて下さい。

A
咳の持続する期間の目安としては、3週間以上8週間未満を遷延性咳嗽、8週間以上を慢性咳嗽と定義します。この様な咳を鑑別するための主な検査は、次のものです。
①血液検査
白血球数とCRPで、炎症の有無、アレルギーの関与などが分かります。
②喀痰検査
喀痰を伴う時には、喀痰の培養や細胞診を行い、肺結核症や肺癌などを鑑別します。
③胸部写真
肺結核症、肺癌、COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)、間質性肺炎などを鑑別します。
④呼吸機能検査
気道狭窄の有無などを調べる検査であり、咳喘息、気管支喘息、COPDの診断に役立ちます。

次に、外来で多く経験する咳喘息についてお話し致します。喘鳴(ぜーぜー)や呼吸困難を伴わない遷延性慢性咳嗽が主な症状です。特徴としては、咳は夜間から明け方に悪化することが多く、成人では女性に多い傾向にあります。風邪、冷気、運動、喫煙、温度差、花粉、ストレスなどが誘因となります。アレルギー反応が陽性の事が多く、呼吸機能検査では、抹消気道閉塞を示すことがあります。治療は、吸入ステロイドが基本です。予後は、成人では約30%が喘息に移行し、再発する事が多いです。

投稿者 Genova | 記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!