寺尾クリニカブログ

2020年6月21日 日曜日

新型コロナによる肺の障害は怖い

新型コロナ感染から回復した人は、肺に後遺症がかなりの確率が起こることが、イタリア、オランダ、アメリカなどの国でいわれています。また「武漢の患者63名のうち18%に肺繊維症の兆候が見られ、症状改善後も、胸のCT画像が通常に戻るまで6週間以上かかった患者もいる」ともいわれています。日本においても、新型コロナに感染した医師が、肺の後遺症で呼吸苦が起こり仕事に支障をきたしていると報道されています。20歳台、30歳台の人は症状が少ないと言われていますが、感染すれば肺に後遺症が生じる可能性が十分あります。しかも喫煙していると死に至ることもあります。また、新型コロナに1回感染すれば、必ず抗体ができて以後感染しないとは言えません。また、この抗体は長期に存在するとは言えません。つまり、何回でも感染する可能性があり、肺の障害が進行する可能性が高まると思います。新型コロナを甘く考えている若い世代の人が一番危険です。特に、夜の盛り場で濃厚な接待をしている人は非常に危険だと思います。ご家族(育てたくれたご両親)や大切な人に感染を起こさせないためにも、あとで後悔しないような生活(マスクを装着して1m以上距離をとり濃厚な接触をしない)をしましょう。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ | 記事URL

2020年6月 2日 火曜日

いびきの方が増えています。

最近、睡眠時に常時いびきがあり、他人から指摘されて来院する方が多いです。
原因は、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。この病気は、睡眠中に呼吸が停止する状態や止まりかける状態が何度も繰り返される病気です。呼吸が止まるたびに脳が短時間覚醒するため、睡眠が浅くなります。そのため、起床時の頭痛、日中の強い眠気や疲労感、集中力・記憶力の低下などの自覚症状が現れます。重症になるとは死亡率が上昇するといわれています。血液中の酸素が不足し、動脈硬化や不整脈の原因になります。さら高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などを合併することも多いです。いびきでお困りの方はご相談ください。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ | 記事URL

2020年6月 1日 月曜日

予約について

予約されたい時間帯にWEB予約ができないときは、どうぞ電話でご連絡してください。
診察の20分前にWEB予約をされれば、診察は可能です。
特に、夕方に関してはできるだけご要望に応えられるように致しますが、電話でご連絡された方が宜しいと思われます。
もしも、問題が生じたときには、院長にご連絡ください。責任をもって対応いたします。
突然の発熱、喘息発作などは、命に係わることになりますので、予約なしでも構いません。
地域医療にはできるだけ尽くして参りますので宜しくお願い致します。
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ | 記事URL

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!