寺尾クリニカブログ

2024年3月13日 水曜日

麻疹予防ワクチンの必要性

日本では麻疹ワクチンの定期接種の機会が1歳児と小学校入学前の2回に増えたことなどから、患者数が激減しました。
新型コロナ禍で水際対策が強化された20年は10人、21~22年は6人、23年は28人です。
24年3月11日時点で日本で確認された患者11人であり、そのうち8人は、関西国際空港に到着した国際線の乗客です。
麻疹には特別な治療法はなく、予防接種が有効であるが、世代によって定期接種の回数が異なります。
1990年4月1日以前に生まれた人は、予防接種回数が0~1回であり、十分な免疫がないため感染には注意が必要です。
欧州では、麻疹に感染した患者は増加しており、22年は941人、23年は4万2200人、24年は30倍に増加し、2万1000人が入院し5人が死亡しています。
現在は新型コロナウイルスの感染が落ち着き、海外旅行が活発になり、日本国内に麻疹ウイルスが入り込み感染者が増加する可能性があります。
麻疹の流行を押さえるには、麻疹予防ワクチンを2回受けてない方やワクチン接種歴が不明な方は麻疹予防ワクチンの接種が必要です。

投稿者 寺尾クリニカ | 記事URL

カレンダー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事

月別アーカイブ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら