寺尾クリニカブログ

2014年10月 6日 月曜日

境界性人格障害

境界性人格障害の患者は、子供の頃に愛情のこもった世話をしてもらえなかったことが多く,そのため,満たされぬ思いや怒りを常に感じている。
彼らは対人関係をうまく保つことが出来ないので友人が少ない。
自分自身や他者に対する見方は,悪から善,嫌いから好き、白から黒というように極端に変化する。彼らが見捨てられたと感じると,周囲との関係を断つか,衝動的となる。
現実に対する概念は非常に乏しく,妄想的考えや幻覚のような思考することがある。
自己に対して破壊的になり,自傷や自殺を図ることもある。
不安を感じることが多く、過食、異常な性生活、無謀な行動(犯罪)をおこす事が多い。
社会的な約束や規則を守らないといったことが繰り返えす。
従って、治療は困難である。



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!