寺尾クリニカブログ

2017年8月13日 日曜日

慢性の睡眠不足は脳を破壊する

イタリアの工科大学によると、慢性の睡眠不足により、脳は自己は破壊するという研究発表がありました。生体には、貪食細胞があり自分にとって異物と認識されたり、死んだ細胞を除去します。睡眠不足になると、脳においての貪食細胞により、神経細胞をつなぐシナプスの一部が破壊されます。つまり、正常な脳細胞の機能が果たせられないことになります。具体的には、アルツハイマー型認知症などの病気に陥ります。従って、慢性の睡眠不足がある方は、非常に注意が必要であり治療も考慮する必要があると思います。お悩みの方はご相談下さい。


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!