寺尾クリニカブログ

2023年12月 3日 日曜日

副流煙について

 タバコの副流煙には、PM2.5という微小の有害物質が主流煙よりも大量に含まれています。
環境省の基準では、PM2.5の濃度は1日平均で35μg以下(1㎥当たり)と定められています。
全面禁煙の建物内では8~22μg程度ですが、喫煙可能な建物内ではその数倍~20倍にも濃度が上昇します。
日本がん学会などのグループによる調査では、喫煙可能な居酒屋では568μgにも達していたことが報告されています。
この高い数値は、WHO(世界保健機関)やアメリカ環境保護局などの基準では、緊急事態レベルの2倍以上に相当します。
気管支や肺の炎症、喘息などの呼吸器疾患を起こしやすくなります。
それ以外では、不整脈、狭心症、心筋梗塞を起こす可能性も多いです。
喫煙しないのに肺癌になる人は、副流煙を長期間にわたり吸い込んだ可能性があります。
兎に角、副流煙は非常に恐ろしいので、職場においては十分に職員の健康管理に努める必要があります。


投稿者 寺尾クリニカ

カレンダー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら