寺尾クリニカブログ

2021年4月25日 日曜日

コロナウイルス変異株について

英国株は、ウイルスのタンパク質の501番目のアミノ酸がN(アスパラギン)からY(チロシン)に変化したN501Y変異があり、スパイクタンパク質が人の細胞と結合しやすくなります。
南アフリカ株とブラジル株は、484番目のアミノ酸がE(グルタミン酸)からK(リシン)に変化したE484K変異とN501Y変異を併せ持つ。この変異はワクチンの有効率を減少させる可能性があります。
この他にも、フィリピン株、カリフォルニア株など変異株は増加しています。
変異株が生まれる理由は、新型コロナウイルスが人の細胞に入り込み、遺伝物質のRNAをコピーさせて増殖する過程の中で、一定の割合でコピーミスを起こし変異株は生まれます。
今後、さらにこのコピーミスによりさらに変異株の種類が増加して、人類にとって厳しい状況が起きる可能性があると考えます。


投稿者 寺尾クリニカ

カレンダー

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!