寺尾クリニカブログ

2013年6月30日 日曜日

いびき、日中の眠気がある人は検査をしてください。

米国心臓学会(ACC)は6月11日、閉塞性睡眠時無呼吸は、心臓突然死のリスクを有意に高める可能性があると報告しました。
本試験では、1万701人を平均5.3年間追跡調査し、睡眠時無呼吸と心臓突然死との関係を検討した。心臓突然死は142人に見られた。最も多かった予測指標は、年齢60歳、無呼吸のエピソードが1時間に20回、酸素飽和度78%未満であった。
無呼吸と低呼吸を合わせて睡眠中1時間当たり5回以上認め、しかも日中の眠気、いびきなど特徴的な症状がある場合に睡眠時無呼吸と診断します。これには閉塞性と中枢性があります。
日本には現在200から300万人いると言われている睡眠時無呼吸症候群ですが、きずかずに診断されていない方、診断されても治療してない方を非常に多いです。先日も当院で診断しましたが、治療費が高いので治療しませんでした。今回の米国の報告は、この病気が非常に恐ろしい病気であることを示していますので、いびき、日中の眠気、集中力の低下などがある方は是非、ご相談下さい。治療をすれば、必ず症状は改善し、仕事の能率もよくなります。


投稿者 寺尾クリニカ

カレンダー

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!