寺尾クリニカブログ

2013年8月21日 水曜日

患者さんの病気を治そうと思う気持ちが大切です

内科、心療内科、呼吸器科、アレルギー肥満などいろいろな領域の病気を診ていますが、病気は患者さんの病気を治そうとする気持ち、努力が大切です。
例えば、減量することに対してご自分で本当に努力して、3-4か月で血糖が正常になり、血圧も低下し、脂肪も低下されたメタボの患者さんがいらっしゃいます。このような患者さんは素晴らしいと思います。
心療内科の患者さんの中には、頑固で人の意見を聞かなかったり、言い訳ばかりいったり、薬に頼ったりして、自分の考えを変えない方が見受けられます。その反対に、ご自分で努力されて、聞く耳を持ち前向きに行動する方は早く病気を克服しています。
最近は心療内科の患者さんは特に、薬に関していろいろな情報があるので部分的に詳しい情報を得て、薬を変えてほしいという事が多いです。私の意見を聞こうとしません。私に薬を出すことを命令するが如くです。
このような患者さんは、社会に適応することはできないと思います。自制する力もなく、自分で病気を治す努力のしないでくすりに依存してしまいます。仕事においても我慢できず直ぐやめてしまいます。
私は患者さんと信頼関係を築き、お互いが納得しあって薬を決め、考え方を修正しながら、病気を治してゆきたいと思います。薬に関しては、症状が改善したら薬を減らしてゆく方針です。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!