寺尾クリニカブログ

2016年1月22日 金曜日

肺がんの予後は悪い

先日、発表された報告によると、癌の10年生存率は58%です。
しかし、肺癌の10年生存率は33.2%です。
1期が69.3%、2期が31.4%、3期が16.1%、4期が3.7%です。
1期は69%ですが、4期は4%位です。
病期が進むほど、肺癌が拡大していますが、当然、生存率も低下します。
肺癌の予後はとても悪いです。
これは、肺癌は早期発見が難しいからです。
患者さんは症状が出てから、医療機関を受診します。
それでは、手遅れです。
つまり、病期が進行してからでは遅いのです。
ですから、喫煙している方および喫煙歴のある方は検診が必要です。
しかも、CT検査が必要です。
さらに、早く禁煙することが必要です。



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!