寺尾クリニカブログ

2016年7月 3日 日曜日

喫煙はDNAを損傷する

喫煙によりDNAが損傷するというのは、あまり知られていません。
DNAの損傷は1日1細胞あたり最大50万回程度発生するといわれています。
DNAの複製ミスと紫外線などの環境要因により損傷がおき、損傷したDNA修復は行われています。
DNA修復速度は、細胞が年齢を重ねることによる低下や、環境要因によるDNAの損傷が増大すると、DNA修復のスピードが、DNA損傷の発生に追いつかなくなります。
その結果、老化が早まり、癌化が起こります。
従って、禁煙と紫外線防止が必要です。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!