寺尾クリニカブログ

2014年6月21日 土曜日

病気の治療は医師だけがするものではありません。

病気は、医師だけが治すものではありません。
患者さんが本当に病気を治そうとする気持ちがなければ、病気はいつまで経っても治りません。
また、薬だけで治るものでもありません。
患者さん自身が、環境を変えたり、考え方を変えたり、生活習慣を変えたりすることも大切です。
医師が助言しても、なかなか聞き入れななったり、必要な検査を進めても1-2年も行わないのでは、医師も治そうとする気持ちがなくなります。
医師は病気を診断し、病気を治す手助けをすることが仕事です。
医師は患者さんからのいろいろな悩みに耳を傾けますが、どのように生きるかは自分で考えて決めてもらいたいです。
医師のできることには限界があり、できることは微力です。
やはり、患者さんの治そうとする気持ち、体力、免疫力、努力、精神力などが必要だと思います。
風邪の場合も薬の服用だけではなく、生活環境や食事や安静などにも配慮をしなければ治りません。
医師と患者さんがともに協力しなければ病気は治りません。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!