寺尾クリニカブログ

2014年11月29日 土曜日

睡眠時無呼吸症候群の突然死高い

何の前兆もなく働き盛りの人を襲う突然死。発症から死亡までの時間が24時間以内という医学的定義がされています。
原因とは?
虚血性心疾患、心室性不整脈、大動脈瘤破裂、脳血管障害、てんかん重積発作、喘息重積、原因不明がある。
最悪は、就寝中の突然死である。
睡眠時無呼吸症候群になると呼吸が弱くなったり、呼吸が停止したりし、交感神経が活性され、不整脈がおこり、心停止に至ります。睡眠時無呼吸症候群の人の夜間突然死のリスクは、そうでない人の約2.6倍に上ります。
睡眠時無呼吸症候群は恐ろしいが、意外ときずかないひとが多い。
特に、日本人は危機感が少ない、
死んでからでは遅い。
昼の眠気といびきのあるひとは、ご相談下さい。


このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!