寺尾クリニカブログ

2015年4月 2日 木曜日

呼吸器の病気は呼吸器科で治療しましょう

喘息、COPD、睡眠時無呼吸症候群、肺炎、肺癌、在宅酸素療法(呼吸不全に対する)などは、呼吸器の専門医で治療しましょう。内科医や外科の開業医などの医師が診断、治療している場合がありますが、呼吸器疾患を20-30年見てきた医師とはやはり、見るところが違います。
誤診をしたり、治療がうまくゆかないことがあります。
先日も、重症の喘息の患者さんへの治療が十分ではなく、呼吸困難で当院に来院しました。
検査もせず、低用量の吸入を処方していました。
ある外科の医師は、喘息の患さんにステロイドを長期に処方していました。
ある人科の医師も、花粉症の患者さんにステロイドを半年も処方していました。
ある脳外科の医師は、COPDの患者さんのレントゲンに対しても十分に診断してないようです。
ある循環器のいしは、肺癌をみのがしていました。心臓しかみてませんでした。
他にも危ない症例がありました。
やはり、この世界は専門性と経験が大切です。

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!