寺尾クリニカブログ

2016年4月18日 月曜日

覚せい剤は体も脳も破壊する

覚せい剤の使用により脳細胞は破壊されて、思考力、免疫力、持続力、記憶力などが低下および無くなり。つまり、社会生活ができなくなります。
具体的には、頭痛、発汗、発熱、手の震え、睡眠障害、歯が弱くなる、短気になる、精神的不安定、記憶力などの症状があります。体も脳もどんどん破壊されてゆくのです。恐ろしいですよ。年齢が進めばさらに進行します。
さらに、1度、覚せい剤を使用すると、再犯の確率は50-60%といわれています。
当院においても、覚せい剤を使用した方が眠れず、睡眠薬とアルコールを飲んで死亡しました。
また、アルコール依存症になり犯罪を犯し、刑務所に何回も入っています。
今年1月に出所しましたが、また3月に事件を起こしました。
覚せい剤に手を出したら、人生が終わってしまいます。
自分ではどうすることもできないのです。
覚せい剤は絶対にダメです。



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 寺尾クリニカ

寺尾クリニカ ホームページを見たとお伝えください 電話番号:03-5338-9955 平日9:00~13:00、15:00~19:00 土曜日9:00~13:00 定休日:日曜・祝日
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒169-0073
東京都新宿区百人町3-28-5 グランドヒルズA

詳しくはこちら
モバイルサイトはこちら
Ls | 寺尾 一郎のスタイル(寺尾クリニカ)カッコいい大人たちに学ぶ、次世代リーダー応援サイト Leader's Styleに当院長寺尾の記事が 取り上げられています。ぜひご覧ください!